けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会 Welcome Guest 
お問い合わせ 交通アクセス English
協議会について知りたい方へ
入会方法
施設のご案内
トップ  >  総会  >  けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会 総会

けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会第18回総会


2019年6月12日(水)に、けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会第18回総会 および講演会(けいはんなプラザ、京都府相楽郡精華町)を開催しました。 総会では、松下正幸協議会理事長(パナソニック取締役副会長)をはじめ、 52名の出席者がありました。 議事においては、昨年度の活動と成果の報告に続き、 今年度は新たに公募研究を進め、WG活動を活性化させることや 大阪・関西万博への対応を検討することなどとした 今年度の活動方針・計画が承認されました。 議事に続いて特別講演として、NICT脳情報通信融合研究センター脳機能解析研究室 副室長であり、大阪大学招へい教授でもある安藤広志氏より、 「脳の多感覚情報認知メカニズムの解明に向けて」という題目でご講演を いただきました。クロスモーダル現象(視覚と味覚、視覚と聴覚など、 本来別々とされる知覚が互いに影響を及ぼし合う現象)について解説していただき、 また、けいはんなリサーチコンプレックスにおける研究開発の状況についても 講演いただきました。総会後の交流会では、共同研究に向けた情報交換や 意見交換が行われました。

松下理事長

NICT 安藤広志氏

資料ダウンロード

過去の総会

ご案内
協議会の研究活動
検索
Copyright(C)Research Promotion Council of Keihanna Info-Communication Open Laboratory.