けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会 Welcome Guest 
お問い合わせ 交通アクセス English
協議会について知りたい方へ
入会方法
施設のご案内
投稿者 : kouno 投稿日時: 2009/10/02 (3758 ヒット)

〜終了しました〜


この度、けいはんな情報通信オープンラボの最近の取り組みや研究成果を

ご報告するとともに最近注目されている環境エネルギー分野とICTを

結びつけた新産業創出の可能性についての講演やパネルディスカッション

を行い活発な意見交換を行うため下記のとおりシンポジウムを開催いたします。





日 時 平成21年11月12日(木) 13:00〜17:30

        展示会   17:30〜18:00

        交流会   18:00〜19:00

 

場 所 経団連会館(東京都千代田区大手町1-3-2)国際会議場

主 催 けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会

共 催 (社) 関西経済連合会、(財) 関西文化学術研究都市推進機構

        総務省 近畿総合通信局、(独) 情報通信研究機構

後 援 超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム

テーマ 「環境エネルギー分野におけるICTの役割

       〜 ICTにビジネスチャンスはあるのか 〜 」

定 員 200名

費 用 シンポジウム参加費 無料  ※交流会参加費 2,000円

<プログラム>

■開会挨拶・主催者挨拶(13:00〜13:10)

・開会挨拶  けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会部会長

安本 吉雄 氏(パナソニック株式会社 技監)

■基調講演(13:10〜13:50)

 「大規模な排出削減を目指して」

  杉山 大志 氏(電力中央研究所)

■基調講演(13:50〜14:30)

 「ICTと気候変動ーITUでの議論を通してー」

  杉野 勲 氏(九州工業大学 教授)

■研究発表会(14:30〜15:20)

  ・新世代ネットワーク分科会 大柴小枝子氏(京都工芸繊維大学 教授)

  ・ユニバーサルコミュニケーション分科会

   2次元通信ワーキンググループ 張 兵氏(NICT)

   エネルギーの情報化ワーキンググループ 松山 隆司氏(京都大学 教授)

■コーヒーブレイク(15:20〜15:35)

■パネルディスカッション(15:35〜17:25)

 「ICTに環境エネルギー分野のビジネスチャンスはあるのか」

 (チェア) 松山 隆司氏 (京都大学 教授)

 (パネリスト)  福井 邦彦 氏 (三菱自動車工業株式会社)

                     宮坂 修司 氏 (日本IBM株式会社) 

                     吉田 博之 氏 (大和ハウス工業株式会社)

■閉会挨拶(17:25)       

■展示会(17:30〜18:00)

■交流会(18:00〜19:00)


-------------お申込について------------------------


下記フォームに必要事項をご記入の上

10月30日(金)までに応募用アドレス

openlab-symposium2009@khn.nict.go.jp)へご返信いただけますよう

お願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

けいはんな情報通信オープンラボシンポジウム2009 参加票

メール返信先:openlab-symposium2009@khn.nict.go.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【シンポジウム】 参加・不参加

【交 流 会】  参加・不参加

<社名・団体名>

<所属・役職名>

<氏名>

<電話>

<メールアドレス>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【お問い合わせ先】

けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会事務局 代表連絡先

     (財)関西文化学術研究都市推進機構  芝村・堀    TEL 0774-95-5105

     (独)情報通信研究機構        西山・河野   TEL 0774-98-6806




投稿者 : kouno 投稿日時: 2009/07/14 (4124 ヒット)

エネルギーの情報化シンポジウム

日 時:平成21年7月29日(水)13:30〜16:30
場 所:京都大学百周年時計台記念館2階国際交流ホールI
        http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
主 催:けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会 エネルギーの情報化WG
参加費:無料
問い合わせ先:「エネルギーの情報化WG」のリンク(本HP右側)をご参照ください。

 


 

けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会では、平成21年度より、エネルギーの情報化WGを新たに発足させ、エネルギーの情報化による新たな社会、生活環境基盤の構築に向けた、産官学の連携活動を推進することになりました。
今回のシンポジウムでは、総務省・NICTおよび経済産業省・NEDOのプロジェクトの概要・研究計画の紹介を中心にして、オープンな議論を行い、エネルギーの情報化に関する産官学の連携活動の推進を図って行きたいと考えております。多くの方々のご参加をお願いします。  

 


 

 
プログラム
13:00  受付
13:30 開会の挨拶
             総務省 情報通信国際戦略局 技術政策課 イノベーション推進官 太口努様
             経済産業省 製造産業局住宅産業窯業建材課 課長補佐 濱田豊志様
13:50 エネルギーの情報化とSmart Grid
             京都大学 大学院情報学研究科  松山隆司 教授
14:30 「情報通信・エネルギー統合技術の研究開発」
        京都大学 学術情報メディアセンター  岡部寿男 教授
        京都大学 大学院工学研究科      引原隆士 教授
15:00-15:10 (休憩)
15:10 「消費エネルギー抑制ホームネットワーク技術の研究開発」
           北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科   丹 康雄 教授
15:40「次世代高効率エネルギー利用型住宅システム技術開発・実証事業」
           (独)NEDO技術開発機構 省エネルギー技術開発部 主任研究員 酒井 清様
           パナソニック電工(株) 先行技術開発研究所 所長 藤岡 透様
           シャープ(株) ソーラーシステム開発本部エネルギー技術開発センター 副所長 松岡 継文様
16:10  今後の活動について
     エネルギーの情報化WG          松山隆司 主査
16:30  閉会    

 

 

【個人情報のお取扱いについて】
ご登録及び入力いただいた情報は、イベントの運営目的以外での使用は一切いたしません。また、ご入力いただいた個人情報は必要なセキュリティ対策を講じ、厳重に管理いたします。


投稿者 : kouno 投稿日時: 2009/06/26 (3012 ヒット)

けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会
ユニバーサルコミュニケーション分科会

〜エネルギーの情報化ワーキンググループへの参加者募集〜

国際的な喫緊の課題である地球温暖化対策に資するため、情報通信技術を
駆使して家庭内から地域コミュニティでのエネルギー消費の削減、エネルギーの適正なマネージメントを実現するための研究開発を行う「エネルギーの情報化ワーキンググループ」を開設いたします。今後の活動計画に関しては添付した資料をご覧ください。
第1回会合を7月末に開催する予定です。

【WG分担金】
けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会の会費(1口5万円/年)とは別に、「エネルギーの情報化WG」の活動費用としての分担金(5万円/年)が必要です。大学、ベンチャー企業等については減免措置がありますのでご相談ください。

【WG参加方法】
参加を希望される方は、けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会事務局
河野(kyogikai-info@khn.nict.go.jp)までご連絡ください。

エネルギーの情報化WG活動報告資料:募集案内


« 1 ... 9 10 11 (12)
協議会の研究活動
News&Event
リンク
検索
Copyright(C)Research Promotion Council of Keihanna Info-Communication Open Laboratory.