けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会 Welcome Guest 
お問い合わせ 交通アクセス English
協議会について知りたい方へ
入会方法
施設のご案内
投稿者 : kouno 投稿日時: 2010/04/30 (2056 ヒット)

〜2次元通信技術セミナー開催のお知らせ〜

2次元の面を使って情報と電力を伝送する新しい技術「2次元通信」とその関連技

術に関する技術セミナーを下記のとおり開催いたします。2次元通信とは、テーブルや

壁などに機器を接触させるだけで高速通信や電源供給を可能にする技術で、今後大

きく発展することが見込まれています。この技術により、例えば、AVラックに繋がれて

いる煩雑な配線から解放され、ケーブルフリーな生活空間を創出できます。また、2次

元通信シートに微小センサを多数とりつけることにより、体の動きや生体情報をリアル

タイムで収集し、保健・介護医療器具を制御することも提案されています。さらに、生活

の中で身近にかつ手軽に低コストで実現できる技術として、卓上機器の相互接続・高

速データ転送・電力供給、カード型情報端末、肌着インタフェース、コードレスルーム・

センサルーム等のアプリケーションが検討されています。

今回のセミナーでは、2次元通信技術のみではなく、その関連技術である近傍界で

の信号伝送とワイヤレス電力伝送の現状と課題、さらに、キラー・アプリケーションの開

拓について、第一線で活躍されている方々に解説していただきます。最新の技術動

向を把握し意見交換を行える貴重な機会ですので、ぜひご参加下さい。

主催:けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会、社団法人関西経済連合会

                   記





1.日時 5月10日(月) 14:00−17:00

2.場所 (株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町) 01 会議室

交通アクセス: http://www.atr.jp/html/access/access_j.html

3.講演

􀁻 「フレキシブル二次元導波路によるスマートスーツ」

横浜国立大学大学院工学研究院 新井 宏之 教授

􀁻 「人体近傍電界通信技術の開発とアプリケーションの開拓」

NTT マイクロシステムインテグレーション研究所

門 勇一 様

􀁻 「マイクロ波無線電力伝送の現状と課題 - 他方式との比較 -」

京都大学生存圏研究所 篠原 真毅 教授

􀁻 「二次元通信技術の現状と課題」

東京大学情報理工学系研究科 篠田 裕之 准教授

􀁻 「協議会における二次元通信WGの活動と今後の予定」

情報通信研究機構新世代ワイヤレス研究センター 張 兵 主任研究員

4.参加対象

どなたでも参加できます

5.セミナー会費

無料

6.交流会

講演の後に、講師の先生を交えた交流会を予定しています。質問や意見交換な

どもできますので、奮ってご参加ください。

17:15−

交流会会費 2000円

以下の申し込み書に記載の上、メールまたはFAX で、事務局宛にお送りください。

**********************************************

2次元通信技術セミナー申し込み

御所属(機関・部署)

お名前

協議会会員の有無 会員 非会員

連絡先

住所

E-mail

電話番号

懇親会参加の有無 参加 参加しない

申し込み先

けいはんな情報通信オープンラボ推進協議会事務局

FAX 0774-98-6955

Mail openlab-pub@khn.nict.go.jp

問い合わせ先

けいはんな情報通信オープンラボ推進協議会事務局内

情報通信研究機構けいはんな研究所 0774-98-6809 または 6806

openlab-pub@khn.nict.go.jp


 



投稿者 : kouno 投稿日時: 2010/04/12 (1615 ヒット)

 

総務省では、情報通信技術分野の競争的資金制度である「戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE※1)」において、平成22年度から新規に実施する研究開発課題を公募します。


***********************************************************


1 制度の目的

SCOPEは、国際競争力の強化、国民の安心・安全の確保、個の活力の増進、地域の活性化などに貢献して豊かなユビキタスネット社会を築く研究開発を支援することにより、我が国のICT分野の研究開発力を一層向上させることを目的としています。

2 公募の対象

SCOPEでは、情報通信技術における11の研究開発分野※2の研究開発課題を公募します。

公募の概要は、別紙1のとおりです。

3 公募期間

平成22年4月12日(月) から 同年5月10日(月)17:00 まで

(郵送の場合は、同日付必着)

4 応募方法

○応募に先立って、府省共通研究開発管理システム(以下「e-Rad」。


http://www.e-rad.go.jp/ )への事前登録を行ってください。

 

応募は、「e-Radによる電子申請」を行うとともに、総務省への「提案書の提出」が必要

です。提案書の提出先は研究代表者が所属する機関の都道府県を管轄する各総合

通信局等(別紙2参照)となります。

 

研究開発課題の提案要領は別紙3、提案書作成要領は別紙4を御覧ください。




に関係資料を掲載しますので御参照ください。 

5 その他留意事項

その他不明な点に関しては、各総合通信局等までお問い合わせください 

※1 Strategic Information and Communications R&D PromotionProgramme

※2 ネットワーク基盤、ユビキタスモビリティ、新ICTパラダイム創出、ユビキタスプラットフォーム、セキュアネットワーク、センシング・ユビキタス時空基盤、ユビキタス&ユニバーサルタウン、高度コンテンツ創造・分析・流通、スーパーコミュニケーション、超臨場感コミュニケーション及び地球環境保全(地球温暖化対策技術)の11の研究開発分野。


投稿者 : kouno 投稿日時: 2010/04/01 (1558 ヒット)

   平成22年度PREDICTの公募開始について       

  (地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業)

 

 総務省では、PREDICT(地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業)

の公募が開始されました。(詳細は、下記を参照して下さい。)


 

応募開始     3月26日(金)

締切       4月23日(金)午後5時

 

本件に係る、ご照会・お問い合わせについては、近畿総合通信局

情報通信連携推進課までお願いします。

                  (TEL:      06−6942−8546

          E-MAIL: renkei-k@soumu.go.jp  )


投稿者 : kouno 投稿日時: 2010/03/05 (1927 ヒット)

〜終了しました〜


The first International Workshop on Smart Energy Management(IWSEM2010) のご案内

(第1回 スマートエネルギーマネージメント国際ワークショップ)

------------------------------------------------------------------------------------

 「The first International Workshop on Smart Energy Managemen(IWSEM2010)」とは、京都大学工学研究科/情報研究科とけいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会が一体となり、「エネルギーの情報化」を掲げた活動の一環として開催されます。

今回の第1回目の国際ワークショップでは、「Integration ofPower,Energy,Information and Communication Technologies」と「ManagementTechnology of Multi-Scale Power Networks」の2分野について、世界中の関連研究を行ってい る研究者らによる講演が2日間に渡って行われます。


ご興味が有りましたら、ご 参加下さい。

-------------------------------------------------------------------------------------


日時:平成22年3月29日(月)- 30日(火)

(29日開催分終了後、交流会有)


定員:150名 参加費:無料(交流会参加の場合は3,000円)


場所:京都大学 桂キャンパス Bクラスター・桂ホール

   〒615-8510 京都市西京区京都大学桂


主催:京けいはんな情報通信オープンラボ 研究推進協議会

   (エネルギーの情報化ワーキンググループ)


共催:京都大学工学研究科

   The Center for Energy Efficiency Design (CEED), The Institute

   for Energy Efficiency at The University of California, Santa Barbara


プログラム詳細・交流会については以下の通り.

   http://www-lab23.kuee.kyoto-u.ac.jp/iwsem2010/


お申込先:

ホームページ

http://www-lab23.kuee.kyoto-u.ac.jp/iwsem2010/index.php?Registration)

からのみ.

※申込期限:3月15日(月)


お問い合わせ先:京都大学工学研究科電気工学専攻引原研究室内 事務局

電話:075-383-2237,FAX:075-383-2238

E-mail: hikihara@kuee.kyoto-u.ac.jp


備考

国際会議のため,すべての講演は「英語」で行われます.ご了承下さい.

また,定員に達し次第,申し込みは終了します.


投稿者 : kouno 投稿日時: 2010/03/04 (2587 ヒット)

〜終了しました〜



〜次世代スパコン講演会〜

「いま、次世代スーパーコンピュータが目指すもの」開催のご案内


本講演会では次世代スパコンを取り巻く現状を分かりやすくご解説いただき、新たにスパコンがめざすもの、また本国家プロジェクトに関する国の方針や産業界のとの関わり方についてもご説明いただき、より具体的なイメージを持っていただければ幸いに存じます。ご多忙のところ恐縮に存じますが、ぜひ多くの皆様にご参加賜りますようご案内申し上げます。         


---------------------------------------------------------





日 時:2010年3月19日(金)15:00〜17:00

場 所:関西経済連合会 29階会議室

 <大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル29階>

共 催:けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会

                   社団法人関西経済連合会

内 容:



1.「次世代スーパーコンピュータが目指す方向」

   文部科学省研究振興局情報課 計算科学技術推進室長  井 上 諭 一 氏



2.「次世代スパコンの活用方針、産業界との連携方策」

  東京大学 生産技術研究所 革新的シュミレーション研究センターセンター長・教授

    加 藤 千 幸 氏



3.「大画面裸眼立体映像システムのリアルタイムレンダリングへのスパコンの活用」

(独)情報通信研究機構けいはんな研究所ユニバーサルメディア研究センター推進室長

     木 村 和 宏 氏



4.「計算科学振興財団の活動紹介」

   (財)計算科学振興財団 常務理事兼事務局長 青 戸 忠 明 氏


お手数ですが下記にご記入の上、3月16日(火)までにFAXにてご返信ください。


************************************

関西経済連合会 産業部 佐伯 行(FAX 06−6441−0443)

 次世代スパコン 講演会 2010.3.19 



ご出席の方のみ、ご記入の上ご返信願います。



社  名 

役職名

氏  名 

連絡先 TEL            /FAX



« 1 ... 16 17 18 (19) 20 »
協議会の研究活動
News&Event
リンク
検索
Copyright(C)Research Promotion Council of Keihanna Info-Communication Open Laboratory.