けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会 Welcome Guest 
お問い合わせ 交通アクセス English
協議会について知りたい方へ
入会方法
施設のご案内
投稿者 : kouno 投稿日時: 2015/12/25 (685 ヒット)


 


戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の平成28年度研究開発課題の公募



総務省は、情報通信技術分野の競争的資金である「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)※1」において、平成28年度から新規に実施する研究開発課題を以下のとおり公募します。

  なお、本研究開発課題の公募は、平成28年度予算成立後速やかに研究開発を開始できるようにするため、成立前に実施するものです。したがって、予算成立状況に応じて内容に変更があり得ることをあらかじめご了承ください。


1 公募期間

  平成28年1月12日(火)から同年2月12日(金)17:00 まで

 (郵送の場合は、同日付必着)

 

2 公募を行うプログラム

 次のプログラムについて、提案を公募します.


http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000151.html



投稿者 : kouno 投稿日時: 2015/12/04 (1807 ヒット)

お申し込みはこちら



案内チラシ


けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会では12月24日に京都市内

にて、次世代安心・安全ICTフォーラムと共催で、気象レー

ダとその利用に関する講演会の開催を予定致しております。


講演会名:最新気象レーダが拓く安心・安全な社会2015

開催日時:2015年12月24日(木) 12時30分から16時00分

開催会場:キャンパスプラザ京都 4階第4講義室


 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る(京都駅ビックカメラ前)


主催:次世代安心・安全ICTフォーラム

   けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会


プログラムはこちら


お申し込みはこちら 


入場無料


開催趣旨:

 豪雨や竜巻による災害が多発する状況下、最新の気象レーダの開発や

気象予測技術の研究開発が活発に実施されています。

 そこで、本セミナーでは、最新気象レーダ観測による防災・減災につ

いてや、気象レーダによる社会イノベーションを目指した研究開発に関

するご講演をいただき、関係者間の相互連携を進め、また、専門家でな

い方にも研究開発の現状と課題をわかりやすく解説します。

関連ワーキンググループの活動について


投稿者 : kouno 投稿日時: 2015/10/29 (2099 ヒット)

申し込みはこちら


詳細はこちら


テレワーク月間連携セミナー

 −超臨場感テレワークの技術開発と将来展望−」開催のお知らせ


尚、お申し込みは上記リンクよりWEB入力またはFAX(0774-98-6955)


をお願いいたします。 


              記


【日時】 2015年11月19日(木) 13:30-17:00


【場所】 けいはんなプラザ 5階黄河の間 (京都府相楽郡精華町)


【主催】 けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会


【共催】 総務省近畿総合通信局

超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)


【テーマ】  テレワークに関する技術開発の現状と課題、将来展望


【プログラム(予定)】


(1) 13:30-14:00 講演 「総務省におけるテレワーク推進の取り組み(仮)」

総務省 情報流通行政局 情報流通高度化推進室 課長補佐 橋本 桂樹 氏


(2) 14:00-15:00 講演 「超臨場感テレワークシステム」

沖電気工業株式会社 研究開発センター メディア処理技術研究開発部 部長

野中 雅人 氏


(3) 15:10-16:00 講演 「テレワーカーの多忙度推定技術とその応用」

東京農工大学大学院工学研究院先端情報科学部門教授  藤田 欣也 氏


(4) 16:20-17:00 超臨場感テレワーク実験施設見学会

場所: NICTけいはんな情報通信オープンラボ内


投稿者 : kouno 投稿日時: 2015/09/15 (903 ヒット)

1「国際研究集会開催支援」
国内における高度通信・放送研究開発に関する国際的かつ
学術的な研究集会の開催を支援するもので、海外からの
研究発表者の旅費、会議費、印刷・製本費等の研究集会開催に
必要な経費を支給します。

公募期間:平成27年8月17日〜10月19日正午
http://www.nict.go.jp/int_affairs/int/conf-support.html

2「海外研究者の個別招へい」
「海外研究者招へい」は、海外の研究者を受け入れて
情報通信分野の研究開発を行う国内の機関を支援するもので、
渡航費、滞在費等の招へいに必要な経費を支給します。

公募期間:平成27年8月31日〜11月2日正午
http://www.nict.go.jp/int_affairs/int/invitation.html


投稿者 : kouno 投稿日時: 2015/09/14 (867 ヒット)

 総務省では、現在、実施している委託研究開発「GC計画の推進-
多言語音声翻訳技術の研究開発及び利活用実証-饗晋生豌酸舎殘の
利活用に関する開発・実証」において開発する多言語音声翻訳シス
テムを、全国複数の地域で様々な場面で、実際に使用してもらう
利活用実証を実施することとしています。
 このたび、利活用実証を実施する団体を公募しますので、お知らせ
いたします。

公募期限 平成27年9月14日(月)〜平成27年10月16日(金) 
                      午後5時(必着)
総務省報道資料
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000143.html


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 19 »
協議会の研究活動
News&Event
リンク
検索
Copyright(C)Research Promotion Council of Keihanna Info-Communication Open Laboratory.