けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会 Welcome Guest 
お問い合わせ 交通アクセス English
協議会について知りたい方へ
入会方法
施設のご案内
総務省・NICT公募関連
総務省・NICT公募関連 : 多言語音声翻訳高度化のためのディープラーニング技術の研究開発
投稿者 : kouno 投稿日時: 2018/04/17 (122 ヒット)

多言語音声翻訳高度化のためのディープラーニング技術の研究開発

・研究開発期間:平成30年度〜平成32年度(3年間)
・採択件数:1件(注1)
・研究開発予算:平成30年度は、総額300百万円(税込)を上限とする。
平成31年度以降は、各年度総額240百万円(税込)を上限とする。
・概要:ディープラーニングの適用により、文脈処理やマルチモーダル等も取り込んだ長文翻訳技術を開発する。
具体的には以下の4つの課題について研究開発を実施する。
1) 高度な文脈理解技術(インテリジェント翻訳技術)の研究開発
2) 新語・新トピックへの即時対応技術(ニュース対応翻訳技術)の研究開発
3) マルチモーダル翻訳技術の研究開発
4) 統合的深層学習の研究開発(注2)

http://www.nict.go.jp/press/2018/04/16-1.html



協議会の研究活動
News&Event
リンク
検索
Copyright(C)Research Promotion Council of Keihanna Info-Communication Open Laboratory.